ミディアムポニーテールを高めの位置で結ぶやり方

ミディアム ポニーテール 高め

ミディアムポニーテールを高めの位置でつくるとき、襟足の短い毛がポロポロ落ちてきてしまい、上手に結ぶことができずに諦めてしまった経験はないだろうか。

一体どのようにすれば、ミディアムの長さで高めのポニーテールを結べるのだろうか?

実は、これから紹介する7つのポイントを意識すれば、ミディアムでも高めの位置でポニーテールを結ぶことができる。

STEP 1
髪をまとめやすくする
ヘアバームを手に取り、手のひら全体に伸ばしてから髪全体につける。
STEP 2
結ぶ位置を定める
顎から対角線上を結ぶ位置の目安として定め、上下に分け取り、上段の髪をクリップで仮止めする。
STEP 3
下段の髪をゴムで結ぶ
下段の髪を結び、毛束を下から上に入れて根本を締める。崩れないようにハードスプレーでかるく固めたあとに、ヘアピンを一本挿しておくのがポイント。
STEP 4
上下を1つに結ぶ
上下を1つに結び、トップのボリュームを整える。
STEP 5
顔周りの毛をアレンジする
ポニーテールの完成度を高めるために、顔周りの毛をアイロンやブローでアレンジする。
STEP 6
シルエットを調整する
仕上げに、全体のシルエットを調整したら完成。
STEP 7
テクニックで高さを加える
ミディアムの長さで高めのポニーテールをつくる際は、高い位置でゴムを結ぶのに限界がある。
そのため髪を巻いてボリュームを出すことも大事なポイント。

以上、7つのポイントを意識しながら作り上げていくことが大事だ。

後半では、ポニーテールにした状態から、前髪をシースルーバングにアレンジするやり方も紹介している。

それでは、動画画像を用いながら解説していこう。

1. ミディアムポニーテールを高めの位置でつくるやり方

以下の動画では、『ミディアムポニーテールを高めの位置でつくるやり方』を解説している。

まずはじめに、動画で全体像を把握してから画像解説へ移ろう。すると、理解度も深まるはずだ。

『ミディアムポニーテールを高めの位置でつくるやり方』を動画で解説

1-1. ヘアバームを髪全体に馴染ませる

ヘアバームを髪全体に馴染ませる
ヘアバームを髪全体に馴染ませてからブラッシングして、ポニーテールしやすい状態をつくる。
関連記事『DAisuke がヘアアレンジで使っている道具一覧

①②)モイヘアバームを手に取り、手のひら全体によく伸ばしてから指先に付いてる分から順に髪全体につける。

③)髪の表面だけだとまとめた際に短い毛や細かい毛が落ちてくるので、髪の表面だけではなく内側にもつけるのがポイント。

④)手でヘアバームを髪全体につけたあとは、ブラッシングしてスタイリング剤を馴染ませる。

1-2. ミディアムでは二段に分けてポニーテールすると崩れにくい

ミディアムで高めのポニーテールをつくる際は、上段と下段に分けると崩れにくい
ミディアムポニーテールでゴムを結ぶ位置は、ゴールデンポイントを目安にすると高めの位置でポニーテールをつくりやすくなる。
関連記事『6種のポニーテールアレンジ&髪の毛で結び目のゴムを隠すやり方

⑤)耳上の髪を取り分け、クリップで仮止めする。

⑥)下段の髪をブラシで整えたあと、ゴムで結ぶ。

ゴムを結ぶ位置はなるべく高めの位置(分け目に近い位置)で結ぶと、上下を1つに結んだときにまとめやすい。

⑦)結んだ内側に空洞をつくり、毛束を下から上に通す。

⑧)毛束を2つに分けて左右に引き、根本を締める。

MEMO
根本を締めたあとに、ハードスプレーをつけて軽く固めておくと崩れにくい状態をつくれる。

ハードスプレーの付け方は、ポニーテールをつくる過程で1回。仕上げの段階で2回と分けるのがポイント。

一度に固め過ぎてしまうと、途中で直したくなった際に修正がきかなくなってしまうので気をつけよう。

1-3. 高めでポニーテールをつくり、バランスを調整する

ミディアムの長さで高めのポニーテールをつくるやり方
下段を作り上げたあとは、上段と下段をゴムで結び、「表面の毛並み」と「トップの高さ」を微調整する。

⑨)毛束を通したあとにヘアピンを1本挿しておくと、より崩れにくい状態をキープできる。

ヘアピンの留め方は、左右の髪を1本のヘアピンで挟むようにして留めるのがポイント。

⑩)上段のクリップを外し、コームで毛並みを整えてから上と下を1つにしてゴムを結びポニーテールをつくる。

⑪)ポニーテールしたあとは、表面の髪にかるくハードスプレーやミストを付け、ブラシやコームで毛並みを整えながら固める。

⑫)ポニーテールしただけでは全体のシルエットが乱れているので、「トップのボリューム」や「サイド」を微調整してバランスを整える。

1-4. ポニーテールの毛束や前髪・顔周りの毛をアイロンで巻く

ポニーテールの毛束や前髪・顔周りの毛をアイロンで巻く
ポニーテールだけではなく、前髪や顔周り、全体のシルエットの完成度を高めることもポイントの1つ

⑬)「前髪」「後れ毛」をストレートアイロンで巻く。

⑭)トップとサイドの髪を引き出してバランスを調整する。

⑮)ストレートヘアのままミディアムの長さでポニーテールアレンジした状態。

⑯)ポニーテールの毛束を波ウェーブ巻きしたアレンジ。

1-5. ミディアムの長さで高めのポニーテールをつくるコツ

ストレートヘアのままでも高めの位置でポニーテールはつくれるが、髪を巻いて「動き」と「ボリューム」を加えると、より一層高いポニーテールアレンジに見える。

ストレートアイロンのテクニックをレベルアップしたい人は、以下のページで僕が自分の髪で波ウェーブ巻きの作業を解説している動画があるので参照してみよう。

2-1. ポニーテールした前髪をシースルーバングアレンジにするやり方

以下の動画では、ポニーテールをつくったあとに、前髪をシースルーバングにアレンジするやり方を紹介している。

下ろしておきたい前髪を残し、不要な前髪をヘアピンを使い少し工夫して留めるだけで、違和感なくアレンジできるやり方だ。

そのコツを解説しているので、以下の動画を確認してみよう。

『ポニーテールした前髪でシースルーバングアレンジのやり方』を動画で解説

前髪をねじり、ヘアピンを留める

ポニーテールした前髪をヘアピンで留めるやり方
ポニーテールした前髪でシースルーバングをつくるやり方
関連記事『この他にも前髪アレンジでは、こんなやり方もある。

①②)残したい前髪以外を取り分け、ねじる。

③④)指で分け目をつくり、ねじった毛束をおさめ、ヘアピンを留める。

表面の髪を被せ、ヘアピンを留める

ポニーテールした前髪をシースルーバングにする留め方
ねじった毛束を覆うようにして留めると全体を馴染む

⑤⑥)ねじった毛束を覆うように周りの髪を被せてからスモールピンを留める。

⑦)すると、ヘアピンを留めているのがわからないような仕上がりになる。

⑧)仕上げに毛束感が出るようにスタイリング剤をつけたら完成。

さいごに

このように、全体の髪を上下に分けてから、下段の髪を結んだあとにひと工夫加えることで襟足の髪が落ちにくいポニーテールアレンジをつくることができる。

ポニーテールで高さを強調したい際は、仕上げに毛束をアイロンで巻いてボリュームを加えよう。

すると、結ぶ位置の高さに限界があってもボリュームで高さを錯覚できる。

高めの「ハイポニーテール」や、中間あたりで結ぶ「ミドルポニーテール」は、アレンジできるようにしておくと色々な洋服と合わせてファッションを楽しめる。

これを機に実践を重ねて習得しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Instagram
YouTube
SHARE