浴衣ヘアアレンジ|ミディアム・ロブ・ロングに展開する5つの髪型

2018年の「花火大会」や「夏祭り」で浴衣を着る予定なら、今年のヘアアレンジでは「気合いが入っていない髪型」、もしくは、「作り込み過ぎていない髪型」を選ぶのがオススメだ

ヘアアレンジそのものの技術は簡単な作業で済ませ、浴衣と髪飾りでキメる。「ゆるまとめヘアアレンジ」をつくろう。

  • STEP.1
    かわいい浴衣を選ぶ
    まずは、自分の好きなデザインの浴衣を選ぶことから始めよう。
  • STEP.2
    浴衣のデザインに合う髪飾りを選ぶ
    浴衣を選んだあとは、浴衣に似合う髪飾りを探そう。「浴衣の柄」「浴衣の色」に合わせるのがポイントだ。
  • STEP.3
    浴衣には、「ゆるまとめヘアアレンジ」を合わせる
    2018年では、編み込みなどを使った技術度の高いヘアアレンジはオススメしていない。したがって、ヘアアレンジそのものは簡単に済ませ、髪飾りでカバーするような作り方をオススメしている。

そこで以下のコンテンツでは、2018年版の浴衣ヘアアレンジを「ミディアム」「ロブ」「ロング」の髪型から5つのヘアアレンジを紹介している。

1. ロングボブ|浴衣に似合うゆるまとめヘアアレンジ

1つめの浴衣ヘアアレンジでは、ロブの髪型に合わせたアレンジを紹介。

くるりんぱを左右2回することでゴムを隠し、簡単にまとめることができるやり方に仕上がっている。

おすすめ
以下のやり方は、過去に配信した人気のやり方を引用している。ハーフアップとしても使えるやり方なので合わせて参照してみよう。 ヘアゴム ヘアゴム一本からできる、11の簡単アレンジ

1-1. 全体の髪をまとめる

画像 ①)耳上の髪を手ぐしやブラシで毛並みを整えたあと、ゴムで1つに結ぶ。

画像 ②)右から順に斜めに分けてから毛先を内側に通す。

毛先を通したあとは、ゴムの位置を少し下へズラしてから左側を斜めに分けて毛先を内側に通そう。左右通したあとは、ゴム下の毛を左右に引いて根本を締める。

画像 ③)続いて下段の髪を半分にしてから毛束の上に移動させ、ゴムで結ぶ。くるりんぱをして根本を締めよう。

画像 ④)毛束をピンで留める前に、後頭部のボリュームを引き出して後ろのシルエットを調整しておこう。

補足

DAisuke

後頭部のボリューム調整は、ピンを留めた後に調整すると、ピンが抜けかけたり崩れやすくなってしまうので、毛束をピンで留める前に調整しておこう。

1-2. ピンを留め、髪飾りを付ける

画像 ⑤⑥)上下の毛束をゴムで1つに結び、内側に折りたたむようにしてまとめる。

画像 ⑦)ピンを留める際は、まとめた毛束に対し、ヘアピンを左右平行に挿して留める。ピンの量が多いと髪飾りが付けにくくなるので挿しすぎには気をつけよう。

画像 ⑧)クリップタイプの髪飾りを片側に付けたら完成。

ピンが上手く留められない人は
ヘアピンの留め方に関しては、以下のコンテンツがおすすめ。

※バレッタ、ヘアバトン、Uピン型アクセサリー、マジェステの付け方についても解説している。 ヘアピン 留め方|上手にアレンジする髪留めの使い方とコツを教えます。

2. ロングボブ|簡単で可愛いゆるおだんごヘアアレンジ

浴衣を着用した際に全身の印象がぽってり見えてしまう人は、トップに高さが加わるヘアアレンジをすると丸み帯びた全身のシルエットに角を加えられる。

したがって、少しスマートな印象を演出できる。

いつもよりスマートな印象に仕上げたい際は、トップに高さが加わる「ゆるお団子ヘアアレンジ」がおすすめだ。

2-1. 浴衣に似合う、ゆるお団子ヘアアレンジのつくり方

画像 ①)高めの位置でポニーテールをつくる。

ポニーテールをつくる際のポイントは、耳上の髪で1本ゴムを結び、耳下の髪を上に重ねるようにして2本のゴムで結ぶことだ。

この手順でポニーテールすることで崩れにくい土台ができる。

おすすめ
ポニーテールをつくるのが苦手だったり、黒髪アレンジのバリエーションを増やしたいと感じている人は以下のコンテンツを参照してみよう。 ポニーテール アレンジ,髪の毛で結び目のゴムを隠すやり方 6種のポニーテールアレンジ&髪の毛で結び目のゴムを隠すやり方 黒髪 ヘアアレンジ|14のスタイルを公開。

画像 ②)ポニーテールした毛先をストレートアイロンやコテで軽く巻いておこう。そうすることによって、ピンでまとめた際に動きが出やすくなる。

画像 ③)ポニーテールした毛束を2つに分け、ロープ編みをする。ロープ編みした毛束をゴムを結んだ位置に巻き付け、ヘアピンを留める。

画像 ④)髪飾りを付けたら完成だ。

補足

DAisuke

髪飾りを付ける際は、大きめの髪飾りを付けてから、小さい髪飾りでバランスを整えるようにするとキレイな見栄えに仕上がりますよ。

3. 長い髪をシッカリまとめられる浴衣ヘアアレンジ

胸下から背中半分くらいまでのロングヘアをアップすると、余分な髪が出てきてしまいアレンジが難しくなることがある。

以下のヘアアレンジは、公式 YouTube チャンネルの1つ『Girls Hair Style.TV』で以前にも紹介しているが、やはり浴衣ヘアアレンジとの相性が良いので今回も紹介することになった。

ツインテールから三つ編みをつくり、ピンで留めるだけなのでロングヘアでも簡単に浴衣ヘアアレンジをつくることができる。

3-1. ロングヘアでつくる浴衣ヘアアレンジのやり方

画像 ①)全体の髪を後ろで半分にしてから片方ずつ結び、ツインテールをつくる。

注意
ツインテールをつくる際は、ゴムで結ぶ位置をやや中央(内側)に寄せることが大事。

耳に近い位置(外側)でゴムを結んでしまうと、三つ編みをピンで留めたあとに過度なボリュームが出てしまうので気をつけよう。

画像 ②)ツインテールした毛束で三つ編みをつくる。三つ編みの外側の毛を少量引き出し、立体感をつくっておくことでピンで留めたときに自然な動きが加わる。

画像 ③)三つ編みした毛束を1本ずつヘアピンで留める。

ヘアピンを留める際は、一箇所に集中して留めるのではなく、毛束の「中間 → 毛先」の順番で留めていこう。

画像 ④)仕上げに髪飾りを付けたら完成だ。

4. ミディアム|かんたん浴衣ヘアアレンジ! 外ハネハーフアップ

ミディアムの髪型でヘアアレンジを簡単につくるには、「外ハネ巻きハーフアップアレンジ」がおすすめ。

ストレートアイロンやコテで全体を外ハネ巻きしたあとに、上部の髪をゴムで結び、片側だけくるりんぱして髪飾りをつける簡単ヘアアレンジを紹介。

4-1. ミディアム 外ハネハーフアップアレンジのやり方

画像 ①②)こめかみより少し下の位置から上の髪を取り分け、ゴムを結ぶ。結んだゴムの位置は、少し下へズラしておこう。

画像 ③)まとめた髪の右側を斜めに分け、毛先を内側に通してからゴム下の髪を左右に引いて根本を締める。

画像 ④)髪飾りを1〜2個ほど付けたら完成。

5. 肩につく中途半端な長さでも浴衣に似合う、ゆるまとめアレンジ

「外ハネ巻き」や「ハーフアップ」は、日常的なイメージがしてしまうため、浴衣を着るイベントではやっぱりアップアレンジにして楽しみたい。という人におすすめしたいのが以下のアレンジだ。

小難しい技術を使わなくても髪飾りでかわいい浴衣ヘアアレンジができるやり方になる。

5-1. 「くるりんぱ」「ピン留め」「髪飾り」で簡単に完成できる

画像 ①)顔周り以外の髪をうしろでまとめ、ゴムで結ぶ。結んだあとは、右側を斜めに分けてからくるりんぱする。

画像 ②)ゴムで結んだ毛先を内側に丸め込み、ヘアピンを留める。

画像 ③)このままだと横の髪がたるんでしまうので、左右の髪を内側へ数回ねじりヘアピンを留める。

画像 ④)仕上げに髪飾りを付けたら完成だ。

まとめ

冒頭て述べたように2018年の浴衣ヘアアレンジでは「気合いが入っていない髪型」、もしくは、「作り込み過ぎていない髪型」を選ぶように心がけよう。

上記を理由に「ゆるまとめヘアアレンジ」を各レングスに合わせて5パターン紹介してきた。

「花火大会」や「夏祭り」に有効活用してもらえたら幸いだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です