ミディアム ヘアアレンジ

ツヤ髪で潤いUP|外ハネボブ ストレートアイロン巻き方

 

「濡れ髪」「ウェットヘア」とは、ただ単に髪の毛を濡らした状態ではなく、ヘアオイルを使い、髪の毛に油分を与えることで「ツヤ」「うるおい」を演出するスタイリングのことを指します。

以前にも増して「髪の毛のツヤ」を気にかける女性が増えたように感じるのは気のせいでしょうか。

ダメージによるパサパサした髪は、ミディアムくらいの長さであれば気にならないかもしれませんが、セミロングより長い髪の場合は、毛先のダメージ度合いを一度確認してみましょう。

基本的には身体全体の肌ツヤと同じように髪の毛にも潤いを保ちたいというのが、本音のはず。清潔感という観点からしても潤いは大事な要素として認識している女性が多いように感じます。

アイロンを巻き過ぎることで起きる「毛先のパサパサ感」や紫外線によって起きる「髪の毛の乾燥」「カラーリングの褪色」「髪のダメージ」というように、髪の毛の健康を維持する為に心掛けておくべきことは1つだけではありません。

そこで今回ご紹介したいのが、ヘアオイルを使った ツヤ髪アレンジです。

また、ただツヤ感を演出するだけではなく、外ハネ巻きで適度な色気を加える方法についても合わせて紹介しています。

では、画像と動画で手順を紹介します。

 

1. 根本〜中間をストレートアイロンで伸ばす

wethair-styling-1

はじめにサイドの髪を半分にしてから、さらに上段と下段に分けて根本から中間にかけてストレートアイロンを通します。

目的としては、「くせ毛を伸ばすこと」と「ツヤを出すこと」になるので、ご自分の癖具合を見ながら作業を進めていきましょう。

1-1. 外にハネるようにストレートアイロンを入れる

wethair-styling-2

根本から中間の髪を伸ばしたら、先ほど入れた方向とは逆方向にストレートアイロンを髪に挟み、そのまま毛先手前まで下方向へスライドさせたあと、毛先の位置でストレートアイロンの角度を円を描くようにして反回転させながら抜きます。

1-2. 表面の髪も同じようにストレートアイロンを通す

wethair-styling-3

上の段も同じ要領で外ハネになるようにストレートアイロンを通しましょう。

毛量が少ない場合は、無理に2段に分けてストレートアイロンを通すのではなく、一度にまとめてやると綺麗にまとまります。

2. 襟足から上にかけて後ろ全体を外ハネ巻きする

wethair-styling-4

襟足に関しては少し体勢がキツくなりがちですが、根本から中間までを軽く伸ばした後に毛先を外側に向けて反回転させながら巻いていきましょう。

2-1. 表面の髪まで巻き、仕上げる

wethair-styling-5

襟足から中間まで同じように巻いて、外ハネカールを完成させます。

中間あたりで横幅が広くなる場合は、無理に一度で巻くことをせずに2つに分けてからストレートアイロンを通すようにしましょう。

3. ヘアオイルで 濡れ髪 ウェットヘア に仕上げる

wethair-styling-6

全体を巻き終えたらヘアオイルを手のひら全体に伸ばしてから、少量ずつ髪全体に付けていきます。

ヘアオイルを付ける際は、根本からではなく、中間〜毛先を中心に付けていくとベタつきを軽減できますので、付け過ぎには気をつけましょう。

※この動画では、ベビーオイル ワンプッシュ分を使用しています。

ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL

動画:外ハネボブ ウェットヘアの作り方

DAisuke から一言

「濡れ髪」「ウェットヘア」をつくる際のポイントは、ヘアアイロン等で髪に動きを加えることも大事な要素になりますが、ヘアオイルの種類と付け方で仕上がりが大きく変わるようにも感じます。

ヘアオイルを選ぶコツとしては、スタイリング剤として付けても軽めに仕上がるタイプのオイルを選ぶようにすると丁度いい感じのスタイリングができると思います。

よくある洗い流さないタイプのトリートメント事情

お客さんからお聞きすることの中に「洗い流さないタイプのトリートメントを付け過ぎてしまい、ベタッとした感じになってしまう」という意見を頂戴する機会があります。

その場合、以下の項目をチェックしてみてください。

  • 2プッシュ以上を手に取り、一度に大量のヘアオイルを付け過ぎていないか
  • 手のひらにあるオイルが髪全体ではなく、一部に集中して付け過ぎていないか

いかがでしょうか?

どちらかの項目に当てはまった場合は、要するに「付け過ぎ」ということになります。

2プッシュ以上を一度につけている場合は、1プッシュずつ手に取り髪の毛につけていくようにしましょう。ベタッとしてしまう理由としては、一箇所にオイルが集中している可能性が高いです。

失敗しないコツ

  1. 手のひらに伸ばしたあと、指先についている分から順につけていくようにする
  2. 無くなったら手のひらについている分を指先に足して再度つけていく

このように小分けにつけていくと、つけ過ぎによるベタつき感を防ぐことができます。

人気のヘアトリートメント

この動画では「ベビーオイル」を使用しましたが、その他にも使用しやすいヘアオイルを紹介いたします。初めて使用する際は、店頭で香り・使用感をテストすることをオススメします。

モロッカンオイル オイルトリートメント ライト

重過ぎない仕上がりになるので、初心者の方にもオススメです。

甘い香りが人気でここ数年の間、女性から人気を集め続けているオイルトリートメントの1つになります。また、ベタつきが苦手な方も軽めの仕上がりになるのでそこまで気にならないのではないかと思います。

モロッカンオイル オイルトリートメント100ml(洗い流さないヘアトリートメント)

ジョンマスターオーガニック シーミストシーソルトスプレーウィズラベンダー

髪に自然なボリュームを与え、ラフな質感をつくるスタイリングスプレーになります。

海に入ったあとに使用することを前提で開発されたようですが、日常の中でも充分使用できるスプレータイプのオイルです。アイロンで巻いた後や自然なスタイリングに仕上げたい時などにオススメのスタイリング剤。

オーガニックラベンダーのエッセンシャルオイルが紫外線ダメージから髪を守り、ミネラルにより乾燥を予防してくれるので夏だけではなくオールシーズン使えるのも嬉しいですよね。

アウトドア派の女子は、必須アイテムになること間違いありません。

ジョンマスターオーガニック シーミストシーソルトスプレーウィズラベンダー 266ml

以上になります。

 

       

キーワード検索