ヘアアレンジ ロング

編み込みハーフアップアレンジのやり方を3つ用意しました。

 

この編み込みハーフアップアレンジは、前だけを編み込むだけで良い。

なぜなら、全体を編み込みしてアレンジするような面倒くさい作業を取り入れていないからだ。

これから紹介していく2つの編み込みハーフアップアレンジは、途中で手が疲れてしまい、後ろまで編み込みができない人や、後ろの編み込みが難しくてできない人へオススメしたいヘアアレンジでもある。

パッと見は、よく見たことのある編み込みハーフアップアレンジのようだが編み込みした毛先の処理方法が一般的な手法とは一線を画している。

その評価は、Girls Hair Style.TV で配信してきたヘアアレンジ動画の視聴回数と高評価数の比率が、過去300本以上配信してきた動画の中で  NO.1を記録している。

braid-straight-0

この記事では、編み込みハーフアップを軸にストレートヘアとウェーブヘアの2種類のヘアアレンジを紹介していく。実践の解説を行う前に、以下で2つの特徴について簡単にまとめみた。

 

DAisuke流 簡単 編み込みハーフアップの特徴1

まず、先に伝えた動画の評価数が高い編み込みハーフアップから紹介していく。

この編み込みハーフアップは、前髪ありのロングスタイルでつくったアレンジ。後ろはストレートを活かした仕上がりにしているので、癖がない髪質であればそのまま、もしくは軽くブローをして仕上げることができる簡単ヘアアレンジになっている。

また、髪に癖があり、とてもそのままでは納得いく仕上がりにならない場合は、ストレートアイロンでしっかり髪の癖を伸ばして綺麗なストレートヘアに仕上げていこう。

定番アレンジなだけに個性を主張する表現には今一つかもしれないが、ストレートヘアのままでは何か物足りない場合や控えめなヘアアレンジで清潔感のある印象を演出したい場合などにオススメしているヘアアレンジになる。

DAisuke流 簡単 編み込みハーフアップの特徴2

特徴1で紹介した編み込み方法と全く同じ手法でつくる編み込みハーフアップアレンジになる。

こちらも同様、前髪から耳後ろ辺りまで編み込みをしていく際に、まとめる位置を少し工夫するだけで迷うことなく簡単に編み込みハーフアップを完成させることができる。

ウェーブヘアのアレンジは、スタイリング方法を少し工夫するだけで仕上がりの印象をガラリと変えることができる。

ウェーブヘアの状態から動きを加え、少しゴージャスな印象にすることもできれば、動きを押さえて清楚な印象にすることもできるのが今回のヘアアレンジの特徴になる。

後ろをウェーブ巻きしているので、ストレートヘアとはまた違った印象を生むのが特徴になっていることから、周りの人とは少し違った演出をしていきたい人にオススメのヘアアレンジになっている。

2つの編み込みハーフアップアレンジの手順と解説

そこで今回のヘアアレンジ動画では、編み込みを使ったハーフアップアレンジのやり方にストレートヘアとウェーブヘアの2種類を加えて紹介している。

では、具体的な方法を画像と動画で解説していこう。

1. 編み込みハーフアップ ストレートヘアアレンジ手順

はじめにストレートヘアアレンジの方から解説していく。

ストレートアイロンやブローをして髪のツヤや癖を伸ばしておきたい場合は、編み込みの作業をする前に済ませておこう。

編み込みした後に他の作業をするとせっかく綺麗に仕上げた編み込みが崩れてしまう原因になるので、あらかじめ済ませておくことをオススメする。

1-1. 編み込みしやすいようにブロッキングしておく

編み込みハーフアップ やり方 おすすめヘアアレンジ動画

編み込み作業に入る前にストレートのまま残しておきたい髪と編み込みする髪の分量を考えながら分け、耳あたりを軸に前と後ろで分けた後にクリップで仮止めしておく。

編み込みをしている最中に分け目から余計な髪が混ざらないようにしたいので、クリップはシッカリと多めに留めておこう。

1-2. 編み込みをする

編み込みハーフアップ やり方 おすすめヘアアレンジ動画

編み込む準備が整えたら、上から順に編み込みをしていこう。

この動画では、編み込みの太さを控えめにした方がストレートヘアとの相性が良かったので細めに編み込みしている。

自分の好みの太さがあれば、好みに合わせて編み込み作業を進めよう。

1-3. 編み込みを上手に仕上げるコツ

編み込みハーフアップ やり方 おすすめヘアアレンジ動画

編み込みハーフアップを上手に仕上げるコツとしては、左画像の波線に近い位置に沿わせるように意識しながら編み込みをしていくこと。

顔に近い位置で編み込みをしてしまうと、後ろとの分け目がクッキリしてしまうのであまりオススメはしない。

上から耳あたりまで編み込みできたら、耳上あたりから編み込みする方向に気をつけよう。上から編み込みした方向と同じまま編んでしまうと、あとで後ろでまとめた際に耳上の部分が浮く原因をつくることになる。

体勢がキツくなる場合は、顔の向きを編む方向と反対に向けて編み込みをしていくと少し楽にできるはずだ。

1-4. 編み込みのあとは三つ編みしてゴムで留める

編み込みハーフアップ やり方 おすすめヘアアレンジ動画

編み込みができたら残った毛先の髪を三つ編みしてゴムで留める。

この時点で毛束を後ろに移動させた際に耳上の浮きが出ないか確認してから反対側へ移るようにしよう。

1-5. 編み込みした毛束を後ろでまとめる

編み込みハーフアップ やり方 おすすめヘアアレンジ動画

両サイドの編み込みが完成したら編み込みしたラインに合わせて後ろの髪を上下に分け、上をクリップで仮止めしておく。

上下に分けた間に編み込みの毛束を移動させ、両サイドの髪をゴムで1つにまとめる。

ゴムでまとめた後は、内側へ一回転させてから毛先を左右に引いて根本を軽く締めておこう。編み込みした毛束が上手くおさまったらクリップで留めておいた髪を外して全体と馴染ませる。

1-6. 編み込みした耳上の浮きが気になる場合の対処法

編み込みハーフアップ やり方 おすすめヘアアレンジ動画

髪の量や編み込みした方向の仕上がりによっては、耳上が少し浮いてしまうかもしれない。気になる場合は、スモールピン(アメピンの小型版)で留めておこう。

特に問題がなければ編み込みハーフアップ ストレートヘアアレンジの完成。

編み込みハーフアップ ストレートヘアアレンジの動画

2. 編み込みハーフアップ ウェーブヘアアレンジ手順

続いてウェーブヘアでつくる編み込みハーフアップアレンジを紹介していく。

こちらも編み込みの作業は、ストレートヘアアレンジで紹介した手順と同じなのでポイントに気を付けながら編み込みを完成させよう。

ただ、前髪を作っていない分、分け目に近づけ過ぎると顔周りとのバランスが悪くなってしまうので注意して編み込みしていくことをオススメする。

2-1. 前から耳上にかけて編み込みする

ウェーブヘア 前髪なし 編み込みヘアアレンジ 動画

あらかじめストレートアイロンで軽くウェーブ巻きをして下地をつくったあとに、分け目を決めてから編み込みをしていく。

編み込みをする注意点としては、耳上付近に近づいてきたら編み込む方向をやや後ろ方向に引きながら編み込みをしていくこと。

「根本が浮いてしまう」と質問されることが多いが、根本的な原因は編み込みする方向が関係している。

これは後に髪を留める位置によって変わるので、最終的に髪をどこで留めるのかを把握してから編み込みをするようにしていこう。根本の浮きはほとんどの場合、あとで修正することができない。

2-2.  逆サイドも編み込みして毛先をゴムで留める

ウェーブヘア 前髪なし 編み込みヘアアレンジ 動画

反対側の髪も同じポイントを意識しながら編み込みをして毛先をゴムで留める。

2-3. 編み込みした毛束を内側で留める

ウェーブヘア 前髪なし 編み込みヘアアレンジ 動画

画像 左)編み込みが完成したら、後ろを分けてクリップで仮止めをする。

画像 右)両サイドの毛束を後ろでゴムを使って1つにまとめる。ゴムでまとめた後に内側方向へ一回転させて根本を締める。

ゴムで留めるだけだと、やや根本が浮いてしまうので浮きを押さえる為にも一回転させておこう。

2-4. ヘアオイルをつけてスタイリングする

ウェーブヘア 前髪なし 編み込みヘアアレンジ 動画

仕上げにヘアオイルをワンプッシュ手に取り手のひらに伸ばした後、髪全体に馴染ませる。

あまり付け過ぎてしまうと油分の重さでカールがとれやすくなってしまったり、ベタついた印象になり兼ねないので付ける量には気をつけよう。

動画のように下部分だけではなく、トップの髪を小分けにしながらスタイリングしていくとふんわりした仕上がりになる。カールの崩れが気になる場合は、仕上げにハードスプレーを付けて適度に固めておこう。

3. 清楚にまとめるウェーブヘアスタイリング

ウェーブヘア 前髪なし 編み込みヘアアレンジ 動画

ウェーブヘアのスタイリングとしてもう1つのアレンジ方法を紹介する。

ヘアオイルをつけ終えたらコーム(櫛)で全体の毛並みを整えて動きを押さえよう。

3-1. スプレーを付けた後に凹みをつける

ウェーブヘア 前髪なし 編み込みヘアアレンジ 動画

左画像の白枠あたりにハードスプレーを適量つけた後に、そのままスプレーをかけた位置にスプレーを乗せ、ウェーブの形をつける。

仕上げに全体のシルエットを整えたら完成。

編み込みウェーブヘアアレンジの動画を視聴する

編み込みハーフアップアレンジのまとめ

このように編み込みはできるけど得意ではない人には、このくらいのレベルがちょうど良いのではないだろうか。

結婚式やイベントがある場合は、一週間前くらいから練習していれば編み込みが苦手な人でもできるレベルに仕上げているので、是非チャレンジしてみて欲しい。

また、編み込みをしてハーフアップにするまでの作業は同じでも、後ろの髪をストレートヘアにするかウェーブヘアにするかで印象は大きく変わる。

髪の毛の明るさによっては、ウェーブヘアにしてしまうと逆に老けた印象になり兼ねないので、その場合は「3. 清楚にまとめるウェーブヘアスタイリング」で紹介したようなスタイリングに仕上げると良いと思う。

       

キーワード検索

コメント

  1. 山本ゆうこ より:

    素敵なヘアアレンジ動画をありがとうございます!

    明日、結婚式なのですが着て行く服は決まったものの、髪型が決まらず悩んでいました。

    このヘアアレンジで行こうと思います。

    編み込みも前だけなので簡単に出来そうで良いですね。

    また次回の更新も楽しみにしています。

    1. DAisuke DAisuke より:

      山田さま

      コメントありがとうございます。

      結婚式のような場でも相性の良いヘアアレンジだと思いますので、是非活用してみてください☆

      今後の動画配信も楽しみにしていてください。

  2. ピヨ子 より:

    編み込みの後ろが難しく感じていたので知れて良かったです!

    アイロンは何とか巻けるので編み込みハーフアップアレンジやってみますね。

    1. DAisuke DAisuke より:

      ピヨ子さま

      コメントありがとうございます。

      アイロンが巻けるようであれば比較的簡単に仕上げることができるヘアアレンジになると思います。

      ぜひお試しください☆

  3. ナオミ より:

    ストレートヘアの編み込みアレンジの作り方、とても参考になりました!

    留める部分に悩んでいたのでとても助かりました(o^^o)

    1. DAisuke DAisuke より:

      ナオミさま

      コメントありがとうございます☆

      定番スタイルですが、まとめる位置を少し工夫するだけで仕上がりが変わってきますよね!

      参考にしていただきありがとうございました。

コメントを残す

*