ヘアアレンジ基礎講座

Uピン 使い方|上手に留めるコツ教えます。

uピン 使い方
 

Uピンの使い方には、『支える留め方』と『まとめる留め方』の2つの使い道があることをご存知だろうか?

Uピンがうまくとまらない・・・。

Uピンを挿したはいいけど、動いているうちに留めた髪が落ちてきてしまう・・・。

お団子ヘアをUピンで上手くまとめられない・・・。

「なぜ??」

このように感じているあなたはおそらく、『支える留め方』をしている可能性が高い。

これから紹介する2つの使い方を知らないまま、「Uピンは挿せば留まるもの」と認識していたとしたら、それは間違っている。もちろん挿せば留まるケースもあるが、あなたが知りたいことは、きっとそうではないはずだ。

Uピンの使い方を上達させる為には、アメピンを留めるときと同じように『表と裏の関係性』を理解していなければならない。

それでは、1つ1つ解説していこう。

 

Uピンとは

Uピンの使い方を解説していく前に、Uピンの種類について説明しておこう。

一般的には Uピン と呼ばれているが、U字型のピンは全部で3種類ある。

uピン 使い方

ネジピン

72mm の長さでオニピンより少し長い。

オニピン

52mm~55mm の長さでネジピンより少し短い。

毛ピン 使い方

長さは 50mm~52mm。毛ピンを使う目的としては、ふんわりさせた髪を支えたいときに使用する。

オニピンやネジピンのように強度があるわけではないので、安定感を必要とする留め方をしたい場合は使用をオススメできない。

毛ピンの使い方は、以下の画像のようになる。

毛ピン 使い方

そのまま挿しただけでは抜けてしまうおそれがある為、片方を中間あたりまで折り曲げてから使用することで抜けにくくなる。

基本的な使い方は上の画像のようになるが、曲げられる分、自由度が高くなるので独自の使い方を編み出して使うこともできる。

あまり使用することはないと思うが、参考程度に覚えておこう。

以上が、U字ピンの大まかな説明になる。
※ピンの作り・長さは、メーカーによって多少違いがある

使うべきUピンはどれ?

あなたがプロでもない限り、使用するのはオニピン(短い方)だけで問題ないだろう。

多毛の場合や、1つのUピンで安定感のある留め方をしたい場合は、ネジピン(長い方)でも良いのかもしれない。ただ、まとめる髪型や毛量によってはピンが飛び出てしまう場合もあるので、気をつけよう。

細かく使い分ける必要があるのは、繊細なディティールをつくるときに使うくらいなので、全てを使う必要はない。

あとは使い心地の問題になるので、気になる人は全て使ってみることをオススメする。

Uピンとアメピンの違い

このようにUピンの種類を比較していると、Uピンとアメピンの使い分けも自然とわかるようになってくるはずだ。

アメピンは、ピンポイントで髪を留めたり、少ない毛量を留める際に適している。

多くの髪を1本のアメピンで留めようすると、髪の厚みによりアメピンが開いたまま留まらなかったりするので、スグに崩れてしまう原因になる。アメピンを挿す際は、「留める箇所」と「髪の分量」に注意しよう。

アメピンの留め方については、『ピンの留め方&使い方| なぜ、ピンが上手くとまらないのか?』で解説している。

それでは、Uピンの使い方について具体的な解説をしていこう。

1. Uピン 使い方の動画を視聴する

Uピンは、アメピンのように挟む機能が備わっていないので、挿し方を工夫しないと簡単に抜けてしまう。

以下で動画と画像を使い、解説しているので参考にしてほしい。

1-1. AとB両方の髪をUピンで挟むようにして留める

まとめる髪を「A」と「B」で考えていこう。

画像のように留める場合、UピンをAの髪に挟んだあと、B方向へ挿し進めてから、Uピンの角度を下の画像のように変える。

すると、このように「A」と「B」の髪がUピンの間に挟まっている状態になるので、そのまま下へ挿そう。

1-2. 反対側も同じ手順に沿ってUピンを留める

Uピン アメピン 使い方-6

先ほどと同じように、まとめたい髪をUピンの内側へ挿したあと、角度を変えながらまとめたい髪を足し、下へ挿す。

1-3. 襟足もシッカリ留める

低めの位置でつくるおだんごヘアの場合は、襟足付近もシッカリ固定しておくことが大事だ。根本が浮いてしまう場合は、シッカリ留めておこう。

1-4. Uピンで低めの位置につくるラフなお団子ヘア

2. Uピン「支える留め方」

冒頭でお伝えしたUピンの「支える留め方」を使用する場合は、以下の画像のように部分的に支えたい箇所があるときに使用する。

「支える留め方」は、一定方向にUピンを挿すだけなので挿し方としては簡単だが、留める角度や留め方によってはスルスル抜けやすくなるので、目的を明確にして挿していくことが大事だ。

2-1. Uピンのかたちを整えてから留めているか?

Uピン とまらない 原因

Uピンを留める際は、画像の左側ようにUピンのかたちをまっすぐに整えてから挿すようにしよう。画像の右側のようにUピンの先が開いた状態のままでは、一時的に留めることはできても、スグに抜けてきてしまう。

結婚式の髪型を自分で艶やかにつくる動画 15選』で紹介した動画の中でも解説しているので、参考にして欲しい。

3. Uピンの使い方 おだんごヘア

おだんごヘアをUピンで上手にとめる方法

トップでおだんごヘアをまとめるときに、Uピンを使うこともあれば、アメピンを使って留めることもある。

どちらが正しいのかと疑問に感じている人もいるかもしれないが、答えはどちらも正しい。要するに、自分で使いやすい方を選べばいいということだ。

これはおだんごヘアに限らず、どのヘアアレンジにも言える。

トップでまとめるときのUピンの使い方に関しては、『628人が高評価した!こなれ感が増す おだんごヘアのやり方』を参考にしてみよう。

4. できる人とできない人8つの違い

これはUピンの使い方だけに限ったことではなく、ヘアアレンジ全般、いや、、全てに当てはまることなので、これからお伝えすることを集中して読み進めてほしい。

以下8つに分けて解説していく。

4-1. できる人は実践回数が多く、できない人は実践回数が非常に少ない

できないままでいることは、非常に簡単なことだ。

なぜなら、やらなくてもいい理由を目の前に用意し、それに従い、やらなければいいのだから。

このようなタイプの人に限って、「簡単にできるヘアアレンジを教えてほしい」という。しかし、この基準値でいる限り、いつまで経ってもできるようにはならないだろう。

プロにしろ、一般人にしろ、できるまでにはそれなりの時間と労力が掛かる。

できない人の思考パターンは、回数で自分の可能性を決めているケースが多い。

例えば、「1回やってみて駄目だったからもう1回やってみた。でも出来なかった。だから私にはできないんだ。。。」ということだ。

このようにできない人の思考パターンには、1回や2回で諦める癖が当たり前になっている。

反対にできる人の思考パターンは、

  1. 「1回やってみたけどうまくできなかった。う〜ん、どうすればうまくできるようになるのだろう?ここをこうすればできるようになるかもしれない。やってみよう。」
  2. 「さっきよりは少し上達したな。ここをこのようにしていけば、もう少し改善していけるかもしれない。もう一度やってみよう。」
  3. 「やっぱりここが原因だったのか。よし、次はこっちを意識して改善していこう。完成までもう少しだ。」

このように、「どうすればできるようになるのか?」と、前向きな思考パターンになっているので、回数で “できるか” “できないか” を決めたりはしない。それに加え、上達までのプロセスが少しずつであることを当たり前の基準にしている。

何事にも共通していることだが、できるようになる人は、できるようになるまで、純粋に取り組み続けているだけだ。

要するに、できない人は諦める選択肢を持っていて、できる人はやり抜く選択肢を探し、持つようにしていることになる。

できないことに思考を向け続けるのは今スグ止めて、できるようになる為にはどうすればいいのかを考える “癖” を身につけよう。自分が発する言葉で結果は大きく変わる。

4-2. 器用か不器用かは関係ない。不器用の達人に学んだ信じ難い真実

あなたが自分のことを不器用だと思っているのであれば、そのほとんどは思い込みだということに早く気付いてほしい。

なぜなら僕は、誰がどう見ても不器用だと感じてしまうタイプの「不器用の達人」が、ドン底の状態からできるように変わっていく様を、目の前で体験しているからだ。

この経験を通し、「できるかできないか」に「不器用であること器用であること」は、関係の無いことなのだと教えられた。

ちなみにここで話している「不器用の達人」は、女性だ。

できないことをできように変えるプロセスは、できないことを受け入れ、できるようになる為に必要なことを積極的に実践していくこと以外に方法は無い。

「わたしは不器用だから・・・」

このような後ろ向きのフレーズを使い続けていては、いつまで経ってもできるようにはならないだろう。

スグに変えられることでもなければ、決して楽しいプロセスでもないが、継続して取り組むだけの価値はある。

もう一度同じことをお伝えするが、自分が発する言葉で結果は大きく変わる。

自分が日頃無意識に使用している言葉を分析してみよう。

4-3. できる人は失敗を沢山経験している

早く上達する為のコツは、上手くいかない原因を早く知ることだ。

要するにできる人は、失敗を沢山経験している。それと同時に、失敗を失敗と感じていない。

反対に、できない人はこう考える。「できる限り失敗せずにできるようになりたい」と・・・。

残念ながら失敗を恐れていては、上達はしない。

「失敗したくない」ということは、「上手くいかない原因がわからないまま」でもあるということだ。

「上手くいかない原因がわからないまま」ということは、「上手くいく原因もわからないまま」ということになる。両方の経験があるから結果として、できるようになるのだ。

4-4. 一発で完璧にデキると勘違いしている

以前コメントに「試してみました、説明が上手で、綺麗にできました!5回やり直したけど!」という報告を頂き、とても嬉しかったのだが、「最後の5回やり直したけど!」がどうも気になった。

きっとこのユーザーは、5回やり直したことがいけないことだと思い込んでいる。

「1回で出来ないといけない・・・」「1回で出来るのが普通・・・」というように、勘違いしている人が多いように感じるが、何度もやる。それは、極普通のことだ。

「やってみたけど、できませんでした」このスタートラインは、全員が同じことであることを理解しよう。

編み込み やり方|初心者が見ないと損する有益な動画 13選』でも伝えているように、全てのことがスグにできるわけではない。まずは、 “できないことに意識を向けるのではなく、できたこと、できていること、できそうなこと、に意識を向ける努力をしていくこと” 前提に取り組んでいこう。

4-5. 他人軸で選択している

YouTube  でコメントをくれることはとても嬉しいことなのだが、「私は不器用なんですけど、できますか?」このようなコメントが多いのも事実だ。

いつも思うが、そのコメントだけではわからない。まずは、やってみよう。

仮に僕がそのコメントに対して「できません」と言ったら、その人は「わたしにはできないんだ」と思い込むだろう。

この質問は失敗したときの予防線であり、できなかった場合の言い訳をあらかじめ用意していることにもなる。

だが、可笑しいとは思わないだろうか?

何が可笑しいのかというと、自分が「できるか」「できないか」を「他人の言動で決めてしまっている」ことだ。

この考え方でいる限り、すべてにおいて向上していくことはないだろう。

他人を物差しにするのではなく、自分のことは自分で決めよう。そして、自分のことは自分にしか決められないことも知っておこう。

4-6. できる人は明確な目的があり、できない人は明確な目的がない

人間は強く必要に感じたものを、確実に手にしている。

  • できる人は、できるようになるための明確な理由を持って取り組んでいる。
  • できない人は、できるようになるために明確な理由を持たないまま取り組んでいる。

例えば、あなたに7歳になる女の子の子供がいたとしよう。毎週通っているバレエ教室の発表会が週末にある為、あなたはお団子ヘアをつくらなければならない。

でも、あなたは自分のことを不器用だと思い込んでいる為、自分で子供のお団子ヘアをつくれるか非常に不安を感じている。

結論から言うとこのような場合、できるようにならなければならない必要を強く感じている為、真剣に取り組んでいればできるようになる。

例え話だから信じ難いかもしれないが、できなかったことができるようになるまでのステップは、意外とこんなものなのだ。

逆に、明確な目的がない場合は、できるようになる必要が低いままである為、達成する可能性は極めて低い。

4-7. 意図的にイベントを有効活用している

できる人はイベント行事や日常の一コマを有効活用していることが多い。

つまり、自らチャンスを見つけ、実行頻度を高めているということだ。

例えば、結婚式ヘアアレンジは、とてもいいチャンスになる。自分のヘアアレンジだけではなく、友人や知人のヘアアレンジを作らせてくれないかとお願いしてみることで、実行頻度は何倍にも高まる。

それだけではなく、結婚式には期日があり、適度なプレッシャーを自分に与えることができる。それが自然とヘアアレンジをやることの必要性に発展し、明確な目的に変わる。

以前、対談させていただいたNさんは、このイベント行事を意図的に有効活用していた為、楽しみながら自分のヘアアレンジ技術を高めていた。この前向きな姿勢は、インタビューアである僕も大きな学びとして得ることができたので非常に感謝している。

結婚式ヘアアレンジは、『結婚式の髪型を自分で艶やかにつくる動画 15選』を参考にしてみよう。

4-8. 可能性を自ら広げる者、可能性を自ら閉ざしている者

最後に可能性についてお伝えして終えよう。

できる人もできない人も、現状は自分自身で決めている。

「プラスとマイナス」「ポジティブとネガティブ」の2つの側面を可能性の基準として考えてみよう。あなたは、どちらに自分の可能性を見出しているだろうか。

言うまでもないが、できる人はプラスとポジティブに可能性を見出し、できない人はマイナスとネガティブに可能性を見出している。

過去にあなたがどちらの可能性を見出していたとしても構わない。大事なのは「今」、あなたがどちらの可能性を見出そうとしているかだ。

できないことに意識を向けるよりは、できることに意識を向けよう。その積み重ねが “できる結果を創る” ことへ繋がる。

まとめ

Uピンの使い方を教えている動画や記事は、世にたくさんある。

しかし、根本的な問題を改善していかない限り、できない人はできないままで終える。

その為のキッカケをどこかのタイミングでつくる必要を感じたので、このような記事を書いた。

Uピンの使い方に限らないが、How To と呼ばれている「やり方」は確かに大事だ。ただ、観ただけではできるようにはならないので、必ず継続的な実践を心掛けよう。

       

キーワード検索