ヘアアレンジ ロング

ストレートくるりんぱアレンジ|2本のゴムでつくる意外な方法

 

「巻かなくてもできるヘアアレンジありませんか?」こんな質問を頂戴する機会がある。

そこで質問に答える前に、僕からも1つだけ質問しよう。

巻かなくてもできるヘアアレンジどころか、ストレートヘアのまま「ゴム2つ」と「くるりんぱ」だけで出来てしまう簡単ヘアアレンジがあるのだが、あなたはこのヘアアレンジを知りたいだろうか?

もし、この質問に YES と答えたなら、以下の動画を視聴してみてほしい。

動画公開から11ヶ月で、1300名以上の方から高評価を得ているヘアアレンジだ。よっぽどのことが無い限り、あなたを不快な気持ちにさせることはないだろう。

また、くるりんぱがメインのヘアアレンジなので、帰宅後の取り外しもゴムを外すだけでとても簡単だ。

時短したいときや、ピンを使わずにストレートヘアのままササッと仕上げたいときに、是非チャレンジしてみてほしい。

 

1. ストレートくるりんぱアレンジのやり方

あらかじめストレートアイロンやブローでストレートヘアにしておくと、アレンジのクオリティを高めることができる。美意識の高い人は、サラサラのストレートヘアにしてからアレンジを始めよう。

ストレートくるりんぱアレンジの他に、『ストレート編み込みアレンジのやり方』もオススメなので、合わせて参考にしてみてほしい。

1-1 トップを仮止めして左右の髪をくるりんぱする

ストレート くるりんぱ

はじめに、こめかみ辺りから上の髪を取り、クリップで仮止めしておこう。仮止めしたトップの髪は、あとで下ろしてアレンジするので、多すぎてもいけないし少なすぎでもいけない。バランスを考えて取り分けよう。

次に、両サイドの髪を耳あたりを軸にして取り分けたあと、ゴムを使ってうしろで一つにまとめる。ゴムでまとめたあとは、くるりんぱをして根本を締めておこう。

1-2 トップの髪をくるりんぱで閉じる

ストレート くるりんぱ

画像1-2)①② 両サイドの髪をうしろでくるりんぱしたあとは、毛先を半分にした間にトップの髪を下ろす。

画像1-2)③④ トップの髪を下ろしたら、ゴムを結び、くるりんぱをして根本を締める。

1-3 髪をまとめた表面の髪を引き出す

ストレート くるりんぱ

ゴムでまとめたあとは、くるりんぱした部分と表面の髪を少量ずつ引き出して形と整えよう。

全体のバランスを整えたあと、ゴムを留めた毛先が外にハネてしまうようであれば、ストレートアイロンを通して下の髪と馴染ませておくとキレイにまとまるはずだ。

以上で完成。

2. ストレートヘアのままくるりんぱでつくるシニヨンアレンジ

ストレートヘアのまま、2つのゴムを使ってくるりんぱしてつくるシニヨンアレンジを紹介。

シニヨンをつくる際にUピンを使用する手間はかかってしまうが、土台が安定しているので然程難しくはないはずだ。ぜひ、一度実践してみてほしい。

2-1 上下をゴムでまとめて くるりんぱ

ストレート くるりんぱ

はじめに、耳の高さを基準に全体の髪を上下にわけてから、上の髪をゴムでまとめよう。

次に、下の髪を半分にしてから、上でまとめた髪の上に移動させてゴムでまとめる。下の髪をまとめる際は、襟足の髪がたるんでしまわないように意識してまとめるのがポイントだ。

2-2 くるりんぱした毛先をロープ編みする

ストレート くるりんぱ

上下2つにまとめたあとは、毛先をロープ編みしてシニヨンの形に整えよう。

次に、シニヨンの形をUピンを使って留めていく。ヘアピンの方が留めやすいようであればヘアピンを使ってもらって構わない。

Uピン 使い方|上手に留めるコツ教えます。』の記事も合わせて読むと理解が深まるはずだ。

2-3 シニヨンをアレンジして完成させる

ストレート くるりんぱ

Uピンを挿して土台が安定してきたら、シニヨンにした表面の髪を少量ずつ引き出してアレンジしていこう。

アレンジする際のポイントは、上下に分けて片方ずつアレンジしていくことだ。表面の髪を引き出す際の作業を雑にしてしまうと、その分、結果も雑な印象になってしまう。慣れないうちは少し時間が掛かってしまうかもしれないが、丁寧な作業を意識しよう。

シニヨンの部分をアレンジしたあとは、トップやサイドの表面の髪を引き出して立体感を出しておくと、シニヨンとのバランスを整えることができる。これで完成だ。

最後に

このように、ゴム2本だけでも簡単にヘアアレンジをつくることはできる。

特に1つめに紹介した「ストレートくるりんぱアレンジ」は、ハーフアップなので小難しい作業をパスすることができるのも魅力のひとつになっている。

2つめに紹介した「シニヨンアレンジ」も、髪を引き出してアレンジする作業を抜けば簡単につくることができるはずだ。

一度や二度できなかったからといって諦めてしまわないように、努力していこう。

簡単にできそうなヘアアレンジばかりを探し、食わず嫌いのままではなかなか上達しないというのが本音だ。まずは「できた」という事実をつくり、小さな成功体験を積み重ねていくことからはじめよう。

そうすれば、いま難しいことは、いずれ難しいことではなくなる。

       

キーワード検索