ストレートアイロン|ミディアム・ショートボブ 外ハネ巻き

ストレートアイロンで外ハネ巻きをする際に、「巻いた毛先が思わぬ方向にハネてしまった」という経験はないだろうか?

横の髪は鏡で見れる分、ある程度調整できるが、後ろの髪では難易度が増してくるはずだ。

そこで以下のコンテンツでは、「後ろ姿」や「斜め後ろ姿」の作業をお見せしながら、ストレートアイロンで外ハネにする巻き方について解説している

1. ストレートアイロン ミディアム・ショートボブ 外ハネにする巻き方

以下の動画では、ミディアム〜ショートボブの髪型を対象にストレートアイロンの使い方をレクチャーしている。

多少「長さ」「ヘアスタイル」が違っても基本的な操作方法は同じだ。

また、視聴しているだけで出来るようになることはないので、動画を見たあとだけではなく何日、何度も繰り返し実践することを勧める。

2. 後ろ髪の襟足をストレートアイロンで外ハネ巻きするやり方

画像 ①)外ハネ巻き具合をどれくらいにするかにもよるが、基本的には内側の襟足の髪から順に巻いたほうが綺麗に仕上がる。まずは巻きやすいように上下に取り分けよう。

画像 ②)ストレートアイロンを持つ反対の手で髪を引き出し、ストレートアイロンを根本から挟む。

画像③)ストレートアイロンで髪を挟んだあとは、中間あたりから毛先にかけてストレートアイロンの角度を外側に傾ける。

画像 ④)ストレートアイロンが毛先まで達したら少し時間を置いてからストレートアイロンを抜く。

以上がストレートアイロンで外ハネ巻きをする際の基本的な流れだ。

注意
ストレートアイロンの熱は、鉄板以外の本体部分でも熱い箇所があるので根本の髪をはさむ際は火傷に気をつけよう。

後ろの髪を巻く際は、ストレートアイロンを水平に保つ

POINT
後ろの髪を巻く際にストレートアイロンの角度が水平に保たれていないと毛先が変な方向にハネてしまう可能性がある。

このように後ろを巻く際は、毛先を持ち、支えながらストレートアイロンで巻くとキレイに巻くことができる。

3. サイドの髪をストレートアイロンで外ハネにする巻き方

画像 ⑤)サイドの髪を分け取り、ストレートアイロンで根本の髪を挟む。

画像 ⑥)中間から毛先にかけてストレートアイロンの角度を外側に傾かせながらスライドさせる。

画像 ⑦)毛先に達したらストレートアイロンの角度を外側に傾かせ、熱を当てたら抜く。

DAisuke

根本から中間までの髪は、何回かストレートアイロンでくせを伸ばしてから毛先に移ろう。

3. 少しだけ根本をふっくらさせる巻き方

根本がペタッとしてしまう際は「画像 ⑧」のように、1回外ハネ巻きをしたあとに根本から中間までの髪を内巻きするように巻くと、少しだけふんわりした形状に仕上がる。

作業的には、波ウェーブ巻きと同じ工程だ。

4. ペタッとする天辺の髪を立ち上げる巻き方

画像 ⑩)「フロント」や「トップ」のボリュームを出す際は、ボリュームを出したい髪を頭皮に対して垂直に引き出してからストレートアイロンを根本から挟む。

画像 ⑪)ストレートアイロンで根本の髪を挟んだあとは、ストレートアイロンの角度を少しだけ内側に傾かせてから熱を当てる。

画像 ⑫)中間から毛先にかけて外側にハネるようにストレートアイロンで巻く。

5. 前髪の根元を立ち上げる、かき上げ前髪の巻き方

画像 ⑬)「フロントの髪」や「前髪」の根本に立ち上がりをつける際も先と同様、立ち上げたい髪を頭皮に対して垂直に引き出す。

※毛並みが整っていないままストレートアイロンで挟んでしまうとグシャグシャな仕上がりになってしまうので気をつけよう。

画像 ⑭)根本に立ち上がりが付きやすいように、根本の髪をストレートアイロンで挟んだあとは反対方向にスライドさせる。少しだけ屈折させるのがポイントだ。

画像 ⑮)十分に熱を当てたあとはストレートアイロンを抜き、根本の立ち上がりをキープしたまま熱を冷ます。

画像 ⑯)すると、手ぐしで梳かしたあとに自然な立ち上がりがついているはずだ。立ち上げた前髪の形をキープしたい際は、ハードスプレーをかけて固定しておこう。

「内巻き」と「波巻き」はこちら

外ハネ以外の巻き方についても合わせてレクチャーしているので、参考にしてみよう。

ストレートアイロン|ミディアム・ショートボブヘアを内巻きにする巻き方 ストレートアイロンで自分の髪を波ウェーブ巻きする具体的な使い方

ストレートアイロンはこちらがおすすめ

DAisuke

金髪にしてまで効果を見極めたので自信を持ってオススメできます。
髪を伸ばす、金髪にする。その理由は「レプロナイザー」「ヘアビューロン」の効果を見極めるため。
バイオプログラミング公式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です