【簡単&美味しい】ココナッツプリンの作り方

「ココナッツクリーム」と「ココナッツミルク」の缶詰を開けてみると、気温24℃以下の季節では大体固まっている。

その固まったココナッツをスプーンで救い、食べるのが好きな僕は、何かスイーツに活かせないかと考えた。

そこで卵アレルギーのある人でも、プリンのようなスイーツを楽しむことができるココナッツスイーツを作ることに。

プリンの定義は卵を使用することにあるが、卵を使わずにプリンのような食感を得ることはできる。それがココナッツでつくるプリンの魅力だ。

そのため以下のレシピでは、卵を使わずにプリンのような食感が得られる「ココナッツクリーム」と「ココナッツミルク」を使ったスイーツの作り方を紹介。

仕上げに酸味と甘味がある「ルバーブジャム」や「ミックスベリーソース」をかけることで違った味を楽しむことができる。

ココナッツミルクプリンの作り方

【簡単】ココナッツミルクプリン レシピ|Coconut milk pudding

ココナッツミルクプリンをつくる材料

150cc
粉寒天 2g
ココナッツミルク 400g
くず粉 8g
はちみつ 20g
ひとつまみ

ココナッツミルクプリンの作り方

  1. 鍋に「水」「粉寒天」を入れて5分ほど置いて寒天をふやかす
  2. 「くず粉」「塩」「ココナッツミルク」を加え、よく混ぜながらダマをなくす
  3. ヘラでよく混ぜながら中火にかける
  4. 沸騰したら弱火にして鍋底に固まりができないように絶えず混ぜる
  5. 表面が沸々している状態を保ちながら3分加熱し、火を止める
  6. 「はちみつ」を入れてよく混ぜる
  7. 型を水に濡らし、鍋の材料を流し込む
  8. 粗熱をとり、冷蔵庫で冷やして固める

ココナッツミルクプリンを食べた感想

https://www.rippleartsalon.com/wp-content/uploads/2018/06/Profile_fukidashi.jpg
DAisuke

ココナッツミルクプリンでは砂糖を使わずに、はちみつで甘味を調整した結果、ほどよい甘味に仕上がりココナッツミルクとのバランスも良く仕上がりました。

ココナッツミルクプリン単体で食べるのも良いですが、ルバーブジャムを添えて酸味と甘味を足してみるのもおすすめ。

ココナッツクリームプリン&ベリーソースがけの作り方

上では「ココナッツミルク」を使ったプリンレシピを紹介したが、ここでは「ココナッツクリーム」を使ったプリンレシピを紹介。

「ストロベリー」「ブルーベリー」「ラズベリー」のミックスベリーソースを仕上げにかけることで美味しさアップ。

ココナッツクリームプリン&ミックスベリー レシピ|Coconut cream pudding & Mix belly sauce

ココナッツクリームプリンをつくる材料

75cc
粉寒天 1g
くず粉 4g
1g
ココナッツクリーム 200cc
はちみつ 22g

ココナッツクリームプリンの作り方

  1. 鍋に「水」「粉寒天」を入れて5分ほど置いて寒天をふやかす
  2. 「くず粉」「塩」を加え、よく混ぜながらダマをなくす
  3. ヘラでよく混ぜながら中火にかける
  4. 沸騰したら弱火にして鍋底に固まりができないように絶えず混ぜる
  5. 表面が沸々している状態を保ちながら3分加熱
  6. 弱火にかけたまま「ココナッツクリーム」を少し入れる
  7. 「入れる」→「混ぜる」を繰り返しながらなじませる
  8. 全て入れてなめらかな状態になったら「はちみつ」を加えて混ぜ、火を止める
  9. 型を水に濡らし、鍋の材料を流し込む
  10. 粗熱をとり、冷蔵庫で冷やして固める
  11. 固まったのを確認したら型から抜く

ミックスベリーソースをつくる材料

ストロベリー&ラズベリー&ブルーベリー 200g
はちみつ 40g
レモン果汁 3g
  1. 鍋に「ミックスベリー」「はちみつ」を入れて放置し水分を出す
  2. 水分が出たのを確認したら、強めの中火にかけヘラでつぶしながら沸騰させてから2分強、加熱。
  3. アクをしっかりとる
  4. ソースが熱いうちに保存ビンに入れて急冷する

ココナッツクリームプリンを食べた感想

https://www.rippleartsalon.com/wp-content/uploads/2018/06/Profile_fukidashi.jpg
DAisuke

ココナッツクリームプリンは、ココナッツミルクを使用したプリンとは違い、濃厚な仕上がりになりました。

「ストロベリー」「ブルーベリー」「ラズベリー」のミックスベリーソースとの相性も良かったように感じます。

ただ、プリンにかけるソースの量が多かったのが反省点。酸味と甘みが強くなり過ぎてしまい、プリンの存在をかき消してしまったように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Instagram
YouTube
SHARE