3ヶ月目「心身ともに良好の状態を維持できている。」

中心軸クラブ 3ヶ月目 口コミ 感想

中心軸クラブに入り、早3ヶ月が経過。

2020年4月4日〜5月3日の期間では、結構面白いことを多く体験したように感じる。

先月から開始した特典の1つにある「ロゴスロトン100 構文発信」の1項目が早くも発信した内容通りになったこと。

4月前半では、先月の記事にも書いていた「好転反応のようなもの」がやはりあったが、後半に入ってからはスッと溶けるかのように気にならなった。というより、感じなくなったこと。

などなど、その他にもコロナウィルスの影響で世界的不況や精神、健康面が悪化している時代の真っ只中に、こんなに充実を感じながら生活できている自分が不思議に感じる機会が多かったように感じている。

ということで、今月も中心軸クラブに所属している DAisuke の個人体感や体験をシェアしていこうと思う。

中心軸クラブ3年一括払いの特典「ロゴストロン100」構文発信では…

中心軸クラブ 3年一括払いした人には、「ロゴストロン100構文発信」という特典が含まれ、それが4月1日からスタートしたことは、『2ヶ月目「不快に感じていた近所の人が去りました。」』の記事でお伝えした。

1ヶ月経過したので、その体験・感覚をシェアしようと思う。

僕が「ロゴストロン100」で構文発信した内容を公開

まず、僕が「ロゴストロン100」で構文発信した内容を公開しよう。

DAisuke が「ロゴストロン100」で構文発信した内容
  • 私は、1983年9月11日生まれの宮内大輔である。
  • 私は、魂が喜び、完全に調和された環境に移住した。
  • 私は、自ら創造したコンテンツで世界中の人々に喜びと感動を与え貢献した。
  • 私の体内臓器は細胞の質が向上し、運動しても何ひとつとして問題に感じない本来の状態に回復した。

特典では、生年月日と名前以外の3構文を3ヶ月間発信できるのだが、1ヶ月目にして3番目の構文内容が完全とは言えないが、90%くらいの割合で回復した実感がある。

そもそも、どんな状態であったかを説明すると・・・

  • 座る時間が圧倒的に増えてから筋肉を使う習慣が極端に減ったことにより、チョットした運動でも腹筋が痛くなり、腹を下すようになった。
  • 腹筋の筋トレをしようものなら、確実に腹がピリピリして下痢になる始末。その後、2〜3日間くらい腹に違和感があり、筋肉痛とは別の痛みがある状態が続く。
  • 運動の習慣が極端に減ったことにより、好きだったウォーキングすら1時間くらいで腹筋が痛くなることもあり、下痢になる始末。
  • 上腕二頭筋を鍛えようとダンベルを使い、負荷をかけすぎると、やはり腹がピリピリして下痢になる。
  • DA PUMP「U.S.A」のサビをガチで踊ろうものなら腹筋痛くなって下痢する始末。

このように細かいことを言えばキリがないほど、残念な結果に陥っていた。

もともと運動バカで幼少期から高校生までは常に好きなバスケットで運動していたタイプで、高卒後もプロフィールに書いているように見習いから美容師を10年くらいガチでやっていたこともあり、上記のような健康の悩みは皆無といえる状態にあった。

いわゆる老化と筋力不足が相まって、このような状態になったのが、ここ5〜6年くらいの話。

筋トレ自体は、ずっとしたくて、というよりできるトレーニングは継続していたが、どの部位をトレーニングしても腹筋は使うことから、最終的には腹が痛くなるので理想的なトレーニングができずにずっと避けてきていた。

それが、ロゴストロン100構文発信をキッカケに、大幅に改善することに。

今では、「もしかしたらガクザップ(GACKTさんの筋トレ動画)くらいの筋トレもいずれはいけるのでは?」くらいにまで変わり、シックスパックの実現を目論んでいる状態にまで意識進化した。

なぜ、なのか。意識進化学習について考えてみた結果・・・

先の件は5〜6年間も悩み、ネットや書籍を含め調べるだけ調べても「腸過敏性症候群」で片付けらてしまい、改善策が見つけられずにいた。

ゆえに当然のことながら、なぜなのかを分析し、思考した。

私見では、ロゴストロンによって意識進化が最適化され、必要なリソースが自動的に整うことで学習する機会を提供してくれるのだと思う。

つまり、「自我で解決しようとしていた意識」から「ハイヤーセルフからのインスピレーションで解決する意識」に変わった。というのが私見。

インスピレーションについて補足しておくと、一般的にイメージする「閃いた!!これだ!!」みたいなことではなく、「これやってみよう。」「おっ、これやりたいと思っていたら目の前に現れた。」みたいに、「おっ」「あっ」というような感覚のインスピレーションである。

いわゆる「シンクロニシティ」を頻繁に体験してく感じ。

僕の場合は、本格的に意識の世界を探求してきた経験が時間軸でいうと6年ほどある。それゆえに、意識進化が早いのか、普通なのか、遅いのか、などはわからないが、個人の感覚では比較的早い方なのではないかと感じている。

中心軸クラブで例えるなら、「自分の中心を整えること」を一般の人よりかは遥かに向き合い、実践してきた経験があるということになる。

つまり、自分が自分で在ることを心から認め、許し、生きることができていると意識進化は加速していくのだと思うというのが自論。

その助っ人役が「ロゴストロン」なのだと思う。

残り2つの構文発信では・・・

その他の「私は、自ら創造したコンテンツで世界中の人々に喜びと感動を与え貢献した。」は、もう既にしているといえばしていたことなので、これといってハッキリするような出来事はなかった。

5月以降、何か面白い体験に発展するのか?など様子見でいる。

もう1つにある「私は、魂が喜び、完全に調和された環境に移住した。」は、裏を返すと「しばらくの間、引っ越ししたい、自分と相性の良い環境に移住したい」という欲求があるがゆえの構文発信である。

この項目は、「どっちに転ぶんだろうなぁ」という感じで試している度合いが高い内容。

好転反応に入るのかはわからないが、ロゴストロン100の構文発信が開始した4月1日に再度周りの生活音が気になるようになった。

結構露骨に変わったので、これが好転反応というものなのか?という疑問を抱きながら過ごすこと2週間後となる4月中旬頃、パタッと音が無くなったり、静かな生活にシフトすることに。

ただこういう経験は以前にもしたことがあるので、なんとも言えない状態。

しかし、津留晃一さんの本にも書いてあったように、ハイヤーセルフの視点で見ていると、どっちでもいい感覚が理解できるように変わってきたようにも感じる。

自我が感じ方を選んでいるだけなので、まぁ、もう気にしなくてもいいかな。というふうに変わってきた。

ジャッジメントしている自分がアホらしくなってきた感じもある。

祓詞の音声をストイックに1ヶ月間流し続けてみた

あなたの人生に奇跡をもたらす 和の成功法則』の付属CDをほぼ24時間体制で1ヶ月間流し続けてみた結果、よりシンクロニシティする機会が以前にも増したように感じる。

中心軸クラブの方で特典以外でもロゴストロン100による構文発信は常に行われている為、CDは不要かなと思っていたが、本に書いてあるように日々蓄積されていく邪気をお祓いできるなら、しないよりはしたほうが良いだろうという想いで継続。

家族や身内関係にも影響しているような気がする

自分以外の情報になるので、ここでは具体例は割愛するが、身内にも影響しているのでは?と感じる出来事があった。

身内といっても同居しているわけではない。

これは今も、これからも継続していくとおもうので、また来月以降なにか面白い体験があったらシェアしようと思う。

セックス&オナ禁を開始

いままで生きてきたなかでセックスとオナ禁をしたことがない僕は、2020年4月8日開催したヒロの座談会にあった Q&A の1つ「性欲とお金」の話をもとに、これキッカケで性欲の調整をしてみることにトライした。

ネットで検索すると経験者の体験を知ることができるが、僕も健康とお金の分野を強化したい欲求があるので、現在トライしている最中である。

ヒロの座談会。なかなか幅広い話題に発展していて面白いので、毎回視聴している。

ヒロさん、あざっす!

トライすること2週間後

もともと性欲は強いのか弱いのかでいうと、強い方だと思っているが、筋トレしていることもあり、特に違和感なく過ごせている。

一応目標では、120日間は禁止してみようと思っているので、これからの変化、体感が楽しみでもある。

中心軸クラブ 3ヶ月目をまとめると

中心軸クラブに入会してから3ヶ月目となる2020年4月4日〜5月3日までをまとめると、

  • 特典のロゴストロン100構文発信で早くも意識進化を学習できた
  • 祓詞は、地味に効果がある気がしている
  • 性欲を調整することによる利益の探究(健康&お金のリターン)を開始

以上を含め、「心身ともに良好の状態を維持できている」ということにまとまる。

このように中心軸クラブに入ってから不思議な体験や体感をする機会が増えているが、そろそろもう少しジャッジメントする機会を手放していっても良いような気がしているのも事実。

結果に対する良し悪しを判断する思考に気づく機会がまだまだあるので、次期ではもう1段意識レベルをアップデートできるようなトレーニングをしていきたいと思っている。

2020年5月4日〜6月3日は、どんな体験をしていくのか楽しみである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です